2018/7/28(土)18:00~ 『ゲンロン8 ゲームの時代』読書会

2018年7月28日に『ゲンロン8 ゲームの時代』の読書会を行います。

”ゲームの分析を通じて、もういちど新しいエピステーメーの分析に挑戦することにした。政治のゲーム化と実存のゲーム化をともに引き起こしている、ぼくたちの時代の新しい記号の条件について考えることにした。つまりは、この四半世紀のゲームの歩みを、産業の歴史としてでもなければ技術の進歩としてでもなく、ましてやクリエイターの伝説としてでもなく、時代の無意識の変化として捉えたいと考えた。そのアプローチは、哲学のものでも社会学のものでもない。表象文化論のものである。”

参加条件は、『ゲンロン8 ゲームの時代』を読了していること。

(読了の定義は各自お任せしますのでお気軽に。当日、双子のライオン堂で買ってもいいです!)

はじめての方もぜひご参加ください。

当日は、お菓子とお茶を楽しみながら課題本についてお話しましょう。

【イベントの流れ】
①自己紹介
②主催者による課題本の紹介
③一人一人感想を数分話す
④フリートーク
⑤店内の本、関連本の閲覧
⑥まとめの感想

***************************
日時:2018年7月28日(土)18:00~20:00(途中参加、退場OK)
場所:双子のライオン堂 書店
住所:東京都港区赤坂6-5-21 101
参加費:1300円/前払1100円
***************************
※キャンセルの際はご連絡をお願い致します。

登録が面倒な方は、「お名前」「参加人数」を primer(at)liondo.jp までお送りください!

2018/7/28(土)15:30~ 第2回 世界文学全集読書会バルガス=リョサ『楽園への道』

第2回 世界文学全集読書会 『楽園への道』

入門書入門をする読書会「ニュープリ」は様々な分野に入門したい人のための読書会です。

ニュープリの外伝である本会は、文学の王道である世界文学全集(河出書房新社)を全巻読むことを目的としています。

参加条件は、『楽園への道』マリオ・バルガス=リョサ (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集) を読了していること。

第1回の読書会に参加している必要はありません。
はじめての方もぜひご参加ください。
(読了の定義は各自お任せしますのでお気軽に。当日、双子のライオン堂で買ってもいいです!)
(指定の出版社ではない作品を読んだことがある、読んでみようと思っている方も歓迎!)

当日は、お菓子とお茶を楽しみながら課題本についてお話しましょう。持ち込み歓迎!

【イベントの流れ】
①自己紹介
②主催者による課題本の紹介
③一人一人感想を数分話す
④フリートーク
⑤店内の本、関連本の閲覧
⑥まとめの感想

***************************
日時:2018年7月28日(土)15:30~17:00(途中参加、退場OK)
場所:双子のライオン堂 書店
住所:東京都港区赤坂6-5-21 101
参加費:1300円 (前払1100円)
主催:ニュープリ
***************************
※キャンセルの際はご連絡をお願い致します。

登録が面倒な方は、「お名前」「参加人数」を primer(at)liondo.jp までお送りください!

2018/6/30(土)15:30~ 左右社全巻フェア記念!『源氏物語』第1巻(A・ウェイリー版)

2018/6/30(土)15:30~ 
左右社全巻フェア記念!
『源氏物語』第1巻(A・ウェイリー版)

双子のライオン堂では、5月中旬から約2ヶ月間、左右社全巻フェアを開催しております。
左右社全巻フェアを記念して、左右社から発売している本の読書会を行います。
課題本は欧米人に源氏物語を紹介したアーサー・ウェイリーの翻訳を元にした『ウェイリー版 源氏物語』です。

参加条件は
『源氏物語』第1巻(A・ウェイリー版)を読了していること。
はじめての方もぜひご参加ください。
(読了の定義は各自お任せしますのでお気軽に。当日、双子のライオン堂で買ってもいいです!)
(他の出版社、あるいは英語によるウェイリー版源氏物語を読んでの参加もOKです)

”この歴史的な名訳を世に送り出したのは、天才アーサー・ウェイリーでした。
大英博物館に勤務しながら独学でマスターした日本語で、彼はこの傑作を手がけました。
刊行されるや「黄金時代の日本から来た最高の文学作品」と大絶賛され、本書は一躍ベストセラーに。
紫式部は、中世日本の生んだプルーストと呼ばれ、はてはシェイクスピアまでを引き合いに評されました。
スペイン語やイタリア語版の底本となったばかりではありませんでした。
アメリカでも評判となったこの本との出会いが、ドナルド・キーンさんの生涯を決めたといいます。
原文を何度も読んで頭に入れ、一気に訳文を書き下ろす。
ウェイリー流のスタイルで、ときには大胆に省略し、ときには解釈にも踏み込んだ訳文。
その生き生きとした文章の魅力は、とりわけ会話文に表われます。
プリンス・ゲンジの艶やかなキャラクターを立ち上がらせ、
プリンセスやレディたちの恋のときめきも、嫉妬の苦しみも描ききる。
あまたの読者を源氏物語の世界に惹き込んだ傑作です。”

当日は、お菓子とお茶を楽しみながら課題本についてお話しましょう。持ち込み歓迎!

【イベントの流れ】
①自己紹介
②主催者による課題本の紹介
③一人一人感想を数分話す
④フリートーク
⑤店内の本、関連本の閲覧
⑥まとめの感想

***************************
日時:2018年6月30日(土)15:30~17:00(途中参加、退場OK)
場所:双子のライオン堂 書店
住所:東京都港区赤坂6-5-21 101
参加費:1300円 (前払1100円)
主催:ニュープリ
***************************
※キャンセルの際はご連絡をお願い致します。

※登録が面倒な方は、「お名前」「参加人数」を primer(at)liondo.jp までお送りください!

2018/6/27(水)19:30〜『文字の消息』(書肆侃侃房)刊行記念  澤西祐典 × 倉本さおり トークイベント

2018/6/27/(水)19:30〜
『文字の消息』(書肆侃侃房)刊行記念  澤西祐典 × 倉本さおり トークイベント

6月中旬に、書肆侃々房より『文字の消息』が、刊行されます。
文芸ムック『たべるのがおそい』から誕生したこれからの時代を切り開く、
新しい世代の作家による小説集です。

その刊行記念として、
著者の澤西祐典さんと書評家の倉本さおりさんをお招きし、
澤西作品について語っていただくトークイベントを開催いたします。

未読の方もぜひお越しください!

<ゲストプロフィール>

◆澤西祐典

小説家。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。2011年、「フラミンゴの村」で第35回すばる文学賞受賞。『文字の消息』(書肆侃侃房)収録の「砂糖で満ちてゆく」は、英語訳・ドイツ語訳が発表されるなど、海外からも注目を集める。著書に『フラミンゴの村』(集英社)、共著『小辞譚』(猿江商會)等がある。

◆倉本さおり

ライター、書評家。『週刊金曜日』書評委員。 『毎日新聞』文芸時評担当。『小説 TRIPPER』クロスレヴュー担当。他、新聞各紙、文芸誌、週刊誌へ書評やコラム、インタビュー記事を寄稿。「文化系トークラジオLife」出演。共著に『世界の8大文学賞』(立東舎)がある。

【イベントの流れ】
・書籍、イベントの説明
・登壇者紹介
・トーク
・質疑応答

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
日時:2018年6月27日(水) 19:30〜21:00(15分前 開場)
住所:双子のライオン堂(東京都港区赤坂6-5-21 101)
最寄:千代田線「赤坂」徒歩4分、日比谷線「六本木」徒歩10分
費用:事前券:1500円/当日券:1800円
定員:10名程度


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
メールので申し込みは、primer(@)liondo.jp まで、
お名前・ご人数をご記入の上、ご連絡ください。

2018/6/23(土)双子のライオン堂書店ボードゲームイベント

6月にボードゲームを遊ぶ会を開催します。

ボードゲームを遊ぶのが初めての方からゲームフリークの方まで、お気軽にご参加ください。

ゲーム会の様子

https://note.mu/liondoev/n/n10ad06de244c

日時:6月23日(土) 15:00~20:30

場所:双子のライオン堂書店

住所:東京都港区赤坂6-5-21

最寄駅:千代田線「赤坂」駅より徒歩4分、銀座線「赤坂見附」駅より徒歩11分

参加費:1500円

主催:双子のライオン堂書店アナログゲーム倶楽部「獅子遊」

注意
・会場内は禁煙です。

・書店ですが、飲み物食べ物の持ち込みは可能です。

****************************

双子のライオン堂書店」について145651631898732.jpg

双子のライオン堂は赤坂にある@lionbookstoreが店長を務める古本、新刊を扱った書店です。選書を専門として、作家やライター、アナウンサー、出版社などの様々なレコメンド棚があります。あの人の本棚を覗き見ることができるかもしれません。
「本との出会い」をコンセプトに、本と読者をつなぐ本屋さんです。

双子のライオン堂書店アナログゲーム倶楽部「獅子遊」は「双子のライオン堂書店」の有志が集まって結成したゲーム好きと本好きのための倶楽部です。 あなたが素晴らしい作品と出会えますように。

****************************