太田靖久・友田とん『ふたりのアフタースクール〜ZINEを作って届けて、楽しく巻き込む』特設サイト

双子のライオン堂書店で、2020年末から始まった小説家の太田靖久さんと作家・編集者の友田とんさんによる「作ったZINEを本屋に売り込みする話」連続対談イベントが本になりました!

おふたりは、ZINEを作り、売り歩き、いろんなひとや本屋さんと出会い、新しいことに挑戦し続けました。イベントでは、その時その時の課題や新しい取り組みについて、意見交換をし、時に観客を巻き込んで大変盛り上がりました。その熱量をとじこめました。

本書は、ZINEやリトルプレスを作って配布販売している人はもちろん、「何かやりたいけど一歩が出せない」と悩んでいる人にも、勇気を与える一冊になっています。

<基本情報>

書名:ふたりのアフタースクール 〜ZINEを作って届けて、楽しく巻き込む〜
著者:太田靖久・友田とん
イラスト:くれよんカンパニー
ブックデザイン:中村圭佑
発売日:2022年12月01日(イベント等で先行販売予定)
価格:1800円+税
判型:A5判
ページ:196頁
ISBN:9784910144078
発行元:双子のライオン堂出版部

<著者>

太田靖久(おおた・やすひさ)
小説家。2010年「ののの」で新潮新人賞。著書『サマートリップ 他二編』/『ののの』、共著『犬たちの状態』(写真・金川晋吾)など。そのほか、文芸ZINE『ODD ZINE』の編集、様々な書店でのイベン トや企画展示、「ブックマート川太郎」の屋号でオリジナルグッズ等の 制作や出店も行っている。

友田とん(ともだ・とん)
作家・編集者。日常や文学に可笑しさを見出すエッセイや小説を発表する。2018年に著書『『百年の孤独』を代わりに読む』を自主製作し、全国を行商や営業したことをきっかけに、2019年に出版レーベル・代わりに読む人を立ち上げる。自著『パリのガイドブックで東京の町を闊歩する』シリーズの他、『うろん紀行』(わかしょ文庫著)、『アドルムコ会全史』(佐川恭一著)、文芸雑誌「代わりに読む人」を刊行している。

<先行発売決定!>(2022/11/10追記)

2022年11月20日に開催される文学フリマ東京にて、双子のライオン堂ブース(V-29〜30 (第一展示場))、および一部他のブースで先行発売いたします!!
また当日は、著者の太田靖久さんが双子のライオン堂ブースでお店番もする予定です。(同日、友田とんさんはご自身のレーベル「代わりに読む人」のブースにて出店されています(第二展示場 Eホール・え-69〜70))

文学フリマ東京


<目次>(2022/11/11追記)


<はじめに>(2022/11/14公開)


<「各章の扉と冒頭」>(2022/11/16公開)