2022/4/9(土)18:00〜 太田さん友田さんの問答対談!「本屋さんと本気で遊ぶ文芸活動 ~ZINE作りから始まった展示と出版の実践~」

*こちらのイベントはオンラインのトークイベントです。
*1ヶ月の見逃し配信を行います。(イベント当日までにチケットを購入してください)

2022/4/9(土)18:00〜
太田さん友田さんの問答対談!
「本屋さんと本気で遊ぶ文芸活動 ~ZINE作りから始まった展示と出版の実践~」


 

今回、作家で『ODDZINE』企画・編集の太田靖久さんと出版レーベル代わりに読む人を立ち上げた友田とんさんのトークイベントを行います。

お二人には、自分で作ったZINEを本屋さんに売り込みをしたという共通した経験があります。
太田さんは『ODDZINE』というインディーズ文芸誌を立ち上げて、その後本屋さんを巻き込んで展示やイベントを行なってきました。
友田さんは『『百年の孤独』を代わりに読む』を刊行し、文学フリマなどでの販売を行い、販路拡大のために全国の本屋さんに売り込みをして、今では出版社として本の刊行を行なっています。

今回のテーマを「本屋さんと本気で遊ぶ文芸活動 ~ZINE作りから始まった展示と出版の実践~」です。
太田さんと友田さんに、お互いの活動について事前に質問を用意していただきました。
企画(展示やZINE、書籍)の実践的なものから、それを支える精神的なものまで。
それに基づきながら、時に脱線しながらトークをしていただきます。

【質問】

<太田さんから友田さんへ>
(1)仕事を辞めたことについてお聞きしたいです。 その後押しになったものはなんですか。
(2)出版レーベルを続けるにあたり、 心がけてることはなんですか。 精神面と実務面の両方についてお聞きしたいです。
(3)著者に限らず、 今後どのような方たちと一緒に仕事をしていきたいですか。

<友田さんから太田さんへ>
(1)どうやって企画や展示を考えられていますか? 具体的にイメージしている人がいますか?
(2)活動の継続の秘訣を教えてください。別の仕事との両立や文筆とのバランス、 モチベーションの源泉や経済面などについて伺いたいです。
(3)10年前に想像していた未来との相違を教えてください。また、10年後、世の中がどうなっているか、 また自分はどうなっていると考えられていますか?

これまでに行なってきた<作ったZINEを本屋さんに売り込みする話>の第4弾という位置づけですが、過去のイベントに参加していない方でも、楽しめる構成にしますので、ご参加大歓迎です!

これから本を作ろうとしている人、本好き・本屋さん好きの人にも、楽しんでいただける内容です。
ぜひ、ご参加ください!

—————————————————————————————
<出演者プロフィール>

■太田靖久

1975年生。神奈川県出身。2010年『ののの』 で第42回新潮新人賞。2019年7月電子書籍「サマートリップ 他二編」(集英社)、2020年10月単行本「ののの」( 書肆汽水域)刊行。2012年4月フィルムアート社より『 犬たちの状態』(共作/写真家・金川晋吾)刊行。その他、 インディペンデント文芸ZINE『ODD ZINE』を企画編集したり、コンセプチュアル書店「 ブックマート川太郎」を展開している。
Twitter @ohta_yasuhisa

■友田とん

京都府生まれ。 可笑しさで世界をすこしだけ拡げる出版レーベル・ 代わりに読む人代表。 日常や文学に可笑しさを見つけるエッセイや小説を発表する。 著書に『『百年の孤独』を代わりに読む』、 『パリのガイドブックで東京の町を闊歩する』シリーズ。 自レーベルから、2021年にわかしょ文庫著『うろん紀行』 を刊行、2022年4月に佐川恭一著『アドルムコ会全史』 を刊行予定。
Twitter @tomodaton

*****************************
日時:2022年4月9日(土)18:00 〜 19:30
場所:オンライン
参加費:1500円
お問い合わせ:primer(a)liondo.jp
主催:双子のライオン堂
*****************************

【オンライン開催】 2022/3/26(土)12:30〜 『ジョン・ロールズ 社会正義の探究者』(齋藤純一/田中将人 著)読書会

・こちらの読書会は、オンライン(ZOOM)のみでの開催といたします。
・申込者さまは、当日このページの視聴より入場いただけます。

【オンライン開催】
2022/3/26(土)12:30〜
『ジョン・ロールズ 社会正義の探究者』(齋藤純一/田中将人 著)読書会

『ジョン・ロールズ 社会正義の探究者』(齋藤純一/田中将人 著)の読書会を行います。
https://www.chuko.co.jp/shinsho/2021/12/102674.html

この読書会は、「ソクラテスと亀」との共同企画である「哲学の連続読書会」へ続いていきます。
今年のテーマは『正義論』です。
哲学の連続読書会についての詳細は、読書会当日にお知らせしますので、こちらもどうぞお楽しみに。

<参加条件>
課題本を読んできてください。
読了の定義は、お任せします。
初めての読書会に参加する方もぜひ。

<イベントの流れ>
・自己紹介(名前ニックネーム、なぜこの本を読んだのか、その他)
・参加者でそれぞれ感想を話す
・フリートーク

***********************************
日時:2022/3/26(土)12:30〜 (途中参加、退場OK)
場所:ZOOM
参加費:900円

************************************
※キャンセルの際はご連絡をお願い致します。
※登録が面倒な方は、「お名前」「参加人数」を primer(at)liondo.jp までお送りください!

<オンライン開催>2022/3/19(土) 13:30〜 第18回「友田とんさんと『百年の孤独』をゆっくり読む。」

・こちらの読書会は、オンライン(ZOOMを使用)のみでの開催といたします。
・申込者さまは、当日このページの「視聴」より入場いただけます。

<オンライン読書会>
2022/3/19(土) 13:30〜 
第18回「友田とんさんと『百年の孤独』をゆっくり読む。」

 

この企画は、『「百年の孤独」を代わりに読む』の友田とんさんと、ガルシア・マルケスの『百年の孤独』を一緒にゆっくり読む読書会です。

イベントは連続で行われ、毎回前後半の2部構成の予定です。

毎回、冒頭15分くらい、友田さんによる前回までのふりかえりパートと『百年の孤独』の見どころを紹介します。

なので、連続講座ではありますが、どの回から参加いただいても楽しめるようにしています。

そのあとは、参加者みんなでの感想パートです。

自由に感想を共有しましょう!
面白い、だけでなく、ここがわからない、難しい、よくわからなかった、とかでも大丈夫です。

***
連続イベントですが、途中の回からの参加も大歓迎です。
当回の課題範囲だけ読んで参加していただき、終わったあとに一章から読み始める、という読み方もおすすめです!
***

<過去の回の振り返り動画を配信中!>
「友田とんと『百年の孤独』をゆっくり読む」イベント後記
(YouTubeに移動します)

<第17回の課題範囲>

課題本:『百年の孤独』ガルシア・マルケス(新潮社)

範囲:第18章にあたる部分。
2006年初版(ガルシア=マルケス全小説):p.407- 428
1999初版:p.370-390
1972年初版(新潮・現代世界の文学)版:確認中

<友田とんさんからメッセージ>

本当に毎月続けられるのかと若干不安がありましたが、もう 残すところあと3章です。『百年の孤独』の舞台・マコンドの行く末を皆さんで感想を話しながら楽しく見届けましょう。歴史はどこから読んでも楽しめるものです。ぜひここからでも飛び込んでみてください。肩肘張らず気楽に『百年の孤独』を読んでいきます。

■友田とん(ともだ・とん)

京都府生まれ。可笑しさで世界をすこしだけ拡げる出版レーベル・代わりに読む人代表。著書『『百年の孤独』を代わりに読む』、『パリのガイドブックで東京の町を闊歩する 1』『パリのガイドブックで東京の町を闊歩する 2』。文芸誌『しししし』に小説「私の応援狂時代」「ジオラマ」を発表。

<新型コロナウイルスの影響による対応について>

1)今回はオンラインのみで開催を予定しております。
2)今後事態の収束が完了していた場合は、双子のライオン堂店舗行う可能性もあります。

************************************

<第18回概要>
日時:2022/3/19(土)13:30~15:00 ※5分前から順番にZOOMへ承認していきます。(途中参加、退場OK)
会場:オンライン(ZOOMを使用します)
参加費:1500円
定員:8人程度
主催:代わりに読む人、双子のライオン堂

************************************

※キャンセルの際はご連絡をお願い致します。
※登録が面倒な方は、「イベント名」「お名前」「参加人数」を primer(at)liondo.jp までお送りください。

<シリーズ全体の概要>
開催頻度:月1回
通算回数:20回程度(変更あり)
日程:土曜日お昼頃
参加費:1500円
定員:8人程度
テキスト:『百年の孤独』(版元や翻訳に縛りはありません)
※講座が進む中で、新型コロナ感染状況をみて、双子のライオン堂店内での開催に切り替わる可能性もあります。