【配信イベント】2022/9/24(土)19:00〜「失敗からはじまるリトルプレス入門」岸波龍×わかしょ文庫

*配信でのイベントです。
*見逃し配信が2週間あります。(イベント開始までにチケットを購入ください)

【配信イベント】2022/9/24(土)19:00〜「失敗からはじまるリトルプレス入門」岸波龍×わかしょ文庫

この度、双子のライオン堂書店では、岸波龍さんとわかしょ文庫さんをお招きして、リトルプレスについて考えるトークイベント「失敗からはじまるリトルプレス入門」を開催いたします。

岸波龍さんは、『本屋めぐり』『読書のおとも』『往復書簡 きっとどこかへ流れつく』などのリトルプレスを制作し、また本屋で詩集の選書や絵画の個展を開くなど幅広く同人活動しています。

わかしょ文庫さんは、昨年『うろん紀行』(代わりに読む人)を刊行する一方で、『ランバダ』などのリトルプレスを制作しています。

そんなお二人が実際に作ってきたリトルプレスについて、特に作っている際に起きた失敗について話してもらいます。

リトルプレス・ZINE・同人誌が作りたい方へのヒントがつまったイベントになるはずです。

ぜひ、ご参加くださいませ。

<出演者よりメッセージ>

「僕にとってリトルプレス作りは、楽しくてヤバい実験です。実験なんで失敗は付きもの。そんくらいの気持ちでやってます。楽しくてヤバいトークイベントにしたいと思ってます。」(岸波龍)

「いつかはリトルプレスを作ってみたい。それならばとりあえず一冊、作ってみませんか?工夫すれば難しくないし、肩の荷が下りて楽になります。わたしの体験を参考にするか、反面教師にしてください。できあがった本をめくる瞬間は、格別です。」(わかしょ文庫)

<出演者>

岸波龍
85年生まれ。伝統工芸職人のかたわら、2020年よりリトルプレスを制作。他に絵や造形の展示など本屋で可能なことをさぐる日々。
〈個展〉
2021年9月「空間をつくる」NENOi
2021年12月「square」NENOi
2022年3月「東京の風景」書肆 海と夕焼/小鳥書房
2022年7月「cat/book」をNENOiと双子のライオン堂にて2店舗同時開催。
2022年12月「本棚に飾る立体展(仮)」を双子のライオン堂で開催予定(初めての造形が中心の展示)。

わかしょ文庫
91年生まれ。2019年頃から会社員生活のかたわら、リトルプレスづくりを始める。著書に『うろん紀行(代わりに読む人)』がある。

********************************
日程:2022/9/24(土)19:00〜20:30 *延長あり
費用:1000円
場所:オンライン(チケット購入者に配信用のURLをお送りします)
主催:双子のライオン堂
********************************
メールでのお問い合わせは、primer@liondo.jp

<オンライン読書会>2022/9/17(土) 13:30〜友田とんと『ドン・キホーテ』をゆっくり読む(2)

・こちらの読書会は、オンライン(ZOOMを使用)での開催といたします。
・申込者さまは、当日このページの「視聴」より入場いただけます。

<オンライン読書会>2022/9/17(土) 13:30〜友田とんと『ドン・キホーテ』をゆっくり読む2

 

連続読書会「友田とんと『ドン・キホーテ』をゆっくり読む」(2)を行います。

2022年8月から、セルバンテスの『ドン・キホーテ』に挑戦いたします。
約3年かけて、ゆくっり一緒に『ドン・キホーテ』を読みましょう!
いつどのタイミングから参加いただいても大丈夫です!

課題本

『ドン・キホーテ』セルバンテス
(当会では、岩波文庫版(牛島信明訳)を基本としますが、翻訳者・版元には制限はありません。原著でもOKです。)

範囲

第一巻・前編1・第5章〜第11章まで(岩波文庫版 p.100〜200)

参加条件

課題本の範囲を読んできてください。
読了の定義は、お任せします。
初めての読書会に参加する方も大歓迎です。

当日の流れ

・友田さんによる前回の要約と今回の見どころ
・自己紹介
・課題本の紹介
・感想タイム
・フリートーク

ナビゲーター

友田とん(ともだ・とん)
作家・編集者。出版レーベル・代わりに読む人代表。日常や文学に可笑しさを見出す文章を書く。
著書に『『百年の孤独』を代わりに読む』(私家版)、『パリのガイドブックで東京の町を闊歩する1・2』(代わりに読む人)。
短編小説「私の応援狂時代」「ジオラマ」を雑誌『しししし』に発表。敬愛する作家はガルシア=マルケス、後藤明生。
過去の読書会シリーズに「『百年の孤独』をゆっくり読む」(2020~22年)。
文芸雑誌『代わりに読む人0創刊準備号』発売中!

<案内人友田さんより>

四百年も前に書かれた小説がこんなに面白く読めてしまうのかと感 心しながらも、笑って読んだ記憶があります。 改めて学び直しながら、 少しでも皆さんのご参考になるようナビゲートできたらと思ってい ます。とにかく長い小説ですが、 みなさんで気楽に読み進めましょう。

<ゆっくり読む『ドン・キホーテ』振り返りラジオ〜01〜>
https://www.youtube.com/watch?v=mT5TPMjG1M8

************************************
日時:2022/9/17(土)13:30~15:00 ※5分前から順番にZOOMへ承認していきます。(途中参加、退場OK)
会場:オンライン(ZOOMを使用します)
参加費:無料
定員:8人程度
共催:代わりに読む人、双子のライオン堂

************************************

※キャンセルの際はご連絡をお願い致します。
※登録が面倒な方は、「イベント名」「お名前」「参加人数」を primer(at)liondo.jp までお送りください。

<「ゆっくり読む」シリーズ2「ドン・キホーテ」全体の概要>
開始予定:2022年8月〜
開催頻度:月1回
通算回数:30回程度(変更あり)
日程:土曜日お昼頃
参加費:1500円
定員:8人程度
テキスト:
『ドン・キホーテ』(版元や翻訳に縛りはありません。主催は岩波版を基本とします)
『贋作・ドン・キホーテ』(検討中)
※講座が進む中で、新型コロナ感染状況をみて、双子のライオン堂店内での開催に切り替わる可能性もあります。

【オンライン開催】 2022/9/10(土)13︰00〜 ジョン・ロールズ『正義論』読書会(2)

・こちらの読書会は、オンライン(ZOOM)のみでの開催といたします。
・申込者さまは、当日このページの視聴より入場いただけます。

【オンライン開催】 2022/9/10(土)13︰00〜 ジョン・ロールズ『正義論』読書会(2)

ジョン・ロールズ『正義論』の読書会を行います。

この読書会は、「ソクラテスと亀」との共同企画である「哲学の連続読書会」です。

7月から、今年のテーマであるジョン・ロールズ『正義論』の読書会をはじめていきます。

全3回で行う予定です。

2回目の範囲は、「第二部(4〜6章)」です。
(テキストの指定はありませんが、目次・ページ数の表記は紀伊國屋書店刊行の『正義論』に準拠します。)

<参加条件>
課題本の指定範囲を読んできてください。
読了の定義は、お任せします。
初めての読書会に参加する方もぜひ。

<イベントの流れ>
・自己紹介(なぜこの本を読んだのか、最近読んだ本、など)
・レジュメで概要確認
・参加者でそれぞれ感想を話す
・フリートーク
・次回の話

***********************************
日時:2022/9/10(土)13:00〜 15:00 (途中参加、退場OK)
場所:ZOOM
参加費:900円
************************************
※キャンセルの際はご連絡をお願い致します。
※登録が面倒な方は、「お名前」「参加人数」を primer(at)liondo.jp までお送りください!

公式YouTubeにて、<本の外皮を語る>赤坂ノンブル交差点(020)〜『テクノゴシック 』が更新されました!

公式YouTubeにて、<本の外皮を語る>赤坂ノンブル交差点(020)〜『テクノゴシック 』が更新されました!

おすすめの装丁やブックデザインについて話すトーク番組です。

<紹介する本>

『テクノゴシック 』
著:小谷真理
発行:ホーム社

<ゲスト> 有地和毅(ブックディレクター)

<出演>

中村圭佑(デザイナー) https://twitter.com/NKeisuke_Std
竹田信弥(双子のライオン堂書店)
https://liondo.jp/