【お知らせ】双子のライオン堂書店は、港区赤坂へ移転します―100年後も本屋で在り続けるために―

双子のライオン堂書店(運営元:株式会社バンブーラボ 本社:東京都目黒区、代表取締役社長:竹田信之、以下「双子のライオン堂」)は、2015年9月30日に文京区白山の店舗を閉店し、同年10月11日に港区赤坂に移転します。同時に、書店としての基本機能拡充はもちろんのこと、お客様が快適に書籍と触れ合える空間作りにも力を入れて、さらなる成長を目指します。

2003年にインターネット古書店として創業。2013年に新刊・古書店として実店舗を開店。ネット古書店として10年、実店舗で2年半営業している間に、書店事情は厳しくなるばかりでした。しかし、その一方で書店の必要性が人々に再認識されてきていると思うことが多かったのも事実です。

さて、書店の必要性とは何なのでしょう。本屋が好きな人にとって答えはたくさん浮かんできますが、万人が納得するような答えはなかなか見つかりません。このままでは、淘汰されていくでしょう。

そこで、双子のライオン堂は、ひとつの挑戦に出ることにしました。創業当初から掲げている「100年後も本屋(実店舗書店)」というコンセプトに重きをおき、そうあり続けるための一歩として店舗を自社で保有することにしたのです。負担は大きいですが、腰を据えて店舗運営を行っていくことで、書店が必要な意味を見つけることができると確信しています。

移転先の赤坂という土地を選んだ理由は、「ご縁」です。当初現白山店撤退の期限が明示されたときは本社近くへの移転を予定しておりました。しかし、希望の物件はまったく見つかりません。正直、またインターネットの世界に戻ろうかと覚悟をしていた矢先に、ご紹介いただいたのが新店舗でした。

土地勘がまったくありませんので非常に不安です。街の雰囲気にあっているともまったく思えません。しかし、近くには大手メディアがあり、文化の最先端をいく街だと思います。また、利便性が高く人が多いことは確かです。多くの人に触れられて揉まれることで「新しい本屋」のあり方を見つけられると考えこの場所に決定しました。

■外観イメージ

外観イメージ

(本の中に入るイメージ)

 

双子のライオン堂新店舗は、これまでの書店スペースに加え、ギャラリーを併設いたします。これによって展示会はもちろんのこと、イベントの開催など現店舗ではスペース的に企画段階で断念していたものも行えるようになります。また、何度も来店したくなるような仕掛けを施し、魅力的な空間演出を心がけます。

■主な特長

  • 木のぬくもりを大切にした内外装
  • 街の景観に配慮しつつ、存在感のある扉
  • 100人の選書棚(現在27選書)
  • エンターテイメント性

双子のライオン堂は、本好きが快適に本と触れ合える第二の家のような場所を目指します。

 

新本社オフィスの概要

名称:双子のライオン堂書店、双子のライオン堂ギャラリー
面積:総面積約11坪(内訳:書店面積約5坪、ギャラリー面積約6坪)
所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂6-5-21


アクセス:千代田線「赤坂」駅より徒歩4分、銀座線「赤坂見附」駅より徒歩11分
新店舗開店日:2015年10月11日(日)
現店舗閉店日:2015年9月30日(水)(※東京都文京区白山1-3-6)

【宣伝】映画『螺旋銀河』@渋谷ユーロスペース

もう何日しかないですが、ユーロスペースにて10月23日(金)までレイトショー上映している『螺旋銀河』がオススメです。

ユーロスペースの『螺旋銀河』サイト

場所:ユーロスペース

期間:〜10月23日(金) まで

上映時間:21時10分〜22:35

詳しくは上記サイトよりご確認ください。

映画『螺旋銀河』公式サイト

京都、大阪、兵庫はこれからみたいです。

【宣伝】10/25(日)13:30~ かなぶん連句会「失はれた手袋の巻」歌仙で遊ぼう!

「かなぶん」とは、神奈川近代文学館のことです。

近々の告知になってしまいましたが、10月25日(日)13:30~神奈川近代文学館で、連句会が開かれます。

連句とは、超簡単に言えば「俳句」をつなげていく言葉遊び。いろいろ解釈もあるようですが、『連句の教室: ことばを付けて遊ぶ』 (平凡社新書)などを読んで頂ければ分かると思います。

本イベントは、当店でも選書してくださっているお三方が登壇されます。ぜひ、ご参加ください。

※電話で事前受付をしているようです。

renkukaisenjya

【選者】小島ゆかり(歌人)、辻原登(作家)、長谷川櫂(俳人)

【日時】2015年10月25日(日)13:30開始(13:00開場)*16:40終了予定

【会場】神奈川近代文学館 展示館2階ホール(定員220名)

入場無料

【初折の表】

発句
落ちてゐる片手袋や昼の月    ゆかり(冬・月)
 闇汁の具を買ひに出て不明   登(冬)
第三
まぼろしの創作ノート現れて    櫂(雑)
第四
 野薔薇の丘でなびくスカート   ゆかり(夏)
第五
ひんやりと匂ひただよふ細き首   登(雑)
第六
 さても哀しき妖怪の絵図      櫂(雑)

*続けて、参加者が半歌仙一八句の七句目(雑)以下を巻きます。
(アドバイス:初折裏の初句は雑です。ここで妖怪を詠むと、妖怪の句が三句も並んでしまいます。 付けるというより、思い切り離して詠んでください。)

【参加申込方法】電話(045-622-6666)で神奈川近代文学館までお申し込みください。先着順の受付とさせていただきます。

主催:県立神奈川近代文学館、(公財)神奈川文学振興会
共催:東海大学文学部文芸創作学科
後援:月刊『望星』

詳細は、公式サイトよりご確認ください。

11/28(土)18:30~文章教室「考えて伝える技術」

今度、双子のライオン堂で、文章教室を開きます。
【趣旨】
ネットメディアの発達により、表現する機会は増えています。
にもかかわらず、その表現法は単純化してしまっていると思います。
講師に、毎日新聞の論説委員である落合博氏をお招きして、
考えたことを上手に伝えるための文章の書き方を教えて頂きます。
※今回は、お試しのため基礎を教わります。お気軽にご参加ください。
【内容】
日程:2015年11月28日(土)18:30~20:00
場所:双子のライオン堂(東京都港区赤坂6-5-21)
費用:2500円
募集人数:5人
【講師】
落合博(オチアイ ヒロシ)
毎日新聞論説委員。
「こんなことを書いてきた スポーツメディアの現場から」(創文企画)を出版。
スポーツ・体育の社説とコラム「発信箱」を担当。

11/27(金)19時~21時半『居本屋』双子のライオン堂(お試し企画)

『居本屋』というイベントをします。

居酒屋の”酒”を”本”に変えてみました。

本に囲まれて話をしましょう。
本好き・本屋好きが集まっていろいろお話できる会です。
本の話や新しくできた本屋さんの話。もちろんそれ以外の話も。

赤いちょうちんだせるかな・・・。

今後、二カ月に一回くらい予定。

日時:11月27日(金)19時〜21時半ごろ
参加費:3000円(飲食代込み)※もちこみ歓迎。
募集人数:10名程度。

Paetixでの申し込み面倒だったら、info@liondo.jp にメールください。